桐箱づくり体験

2018.01.16 10:21:33

〇桐箱づくり体験

 

1月10日から16日までの連続5日間、本校の3年生、5年生が大阪泉州桐箪笥製造協同組合のご協力を得て、地域の伝統工芸品でもある桐箪笥について学習するとともに、実際に桐を使った箱の製作を体験しました。

まず、教室で桐箪笥の歴史や特徴をDVDを見ながら学習しました。

桐箪笥は江戸時代から作られていることや材料の桐は湿気や火災に強いこと、そのため、昔から大切なものをしまうたんすなどに使われていることなどを知りました。

 

その後、図工室に移動し、たんすづくり職人の方々に教えてもらいながら、桐箱をつくりました。

完成した桐箱は、手触りがよく、ふたもぴったりと閉まるなど、満足のいく作品に仕上げることができました。

 

 

 

桐箱づくりの様子は、テレビ岸和田の地域情報を紹介するコーナーで放映されました。

●学校教育目標
「生き生きとした心豊かな子どもを育てる」
1.よく考える子
2.真心を大切にする子
3.明るく強い子
●よく考える子
「確かな学力」
アクティブスクール「主体的対話的で深い学び」の実現、PDCAサイクル
●真心を大切にする子
・集団作り
・生徒指導機能の充実
・道徳教育の充実
●明るく強い子
・基本的生活習慣の定着
・保健 体育学習、食育