学校保健

2015年度 学校保健年間計画(案) 
八木小 保健体育部
目  標 
自分の体の発育や健康に関心を持ち、自らの健康の保持増進に努力することのできる児童の育成に寄与する。

目標達成の推進事項 
1、保健指導・・・4月・9月・1月の計測後と、6月・10月(しせいしらべ時)にクラス単位で保健指導を行う。
保健指導については、季節や状況により、各学年にあった内容で実施する。
例:歯磨き指導、生活リズム(朝食・排便・睡眠など)、ケガの予防と手当、たばこ・アルコール・薬物、体の成長と健康、心の健康など。
12月(冬休み前)に4年生にクラス単位で保健指導を行う。

2、「ほけんだより」・・原則、毎月発行。学級指導の後、配布する。

3、肥満児指導・・4月・9月・1月の身体測定後、児童全員に身長と体重のバランス、9月は体脂肪率も保護者に知らせる。
・20%以上の児童を対象に啓発のおたよりを適宜、配布する。
・20%以上の希望児童について、週1回、体重や体脂肪率を測定し、グラフにして保護者と連絡をとりあう。
・給食のおかわりについては、保護者と相談する。

4、姿勢指導・・・ふだんから、一人ひとりに合った机と椅子を使用するように指
導する。
・10月の姿勢調べ実施時に姿勢指導を行う。
・養護教諭が特に気になる児童を抽出し、学校医による姿勢調べを実施する。学校医が必要を認めた場合は、受診を勧める。

5、健康カード・・毎学期ごとに配布する。 (1学期は健康診断が終わりしだい、2・3学期は身体測定後、保護者印を押してもらい、回収する。)
6、健康観察・・・毎朝の子どもの様子を担任が把握し、1時間目終了後までに職員室へ持ってくる。(インフルエンザ流行時期は、1時間目終了までにお願いすることもあります。)

7、う歯の治療・・推進をはかるために医療券制度をお知らせする。

8、心肺蘇生法・AED講習会・・水泳前に校内で講習会を実施する。

 9、高学年女子には、下着指導・月経指導(宿泊学習前)を実施する。

 10、学校保健委員会の開催

 11、その他
*体操服の貸し借りは原則禁止する。(衛生面、疾病予防のため)
*給食と調理実習以外の食べ物は、学校では配らない。
*感染防止のため、汚物や便のついた衣服等は洗わずにそのまま袋に密閉しプリントをつけて持ち帰らせる。下痢便のついた下着は処分する場合もある。
*下着は新しい物を貸出し、新しい物を返却してもらう。(お知らせをつける。)

保健行事

4月 身体測定(三測定) 蟯虫検査 内科健診 検尿 聴力検査1,2,3,5年
5月 眼科健診 耳鼻科健診 検尿2次 視力検査 心臓二次検診・心電図1年
6月 歯科健診 水泳前健診  結核直接撮影
9月 身体測定(二測定)・体脂肪率測定
10月 視力検査  姿勢調べ 検尿6年
11月 就学時健診
1月 身体測定(二測定)  マラソン前健診